最近、投資信託の保有期間が短くなりつつあるようです。その一因として外国債などで運用して毎月分配を出す新商品などが続々と誕生しており、それを銀行や証券の営業員が勧めているからだと思われます。