iDeCoにこれから加入される方や既に加入されている方の中には、運営管理機関の選定や変更を検討している方もおられるはずです。実は私もiDeCoの運営管理機関を変える移換手続きを最近、行ったのですが、色々とデメリットも見つかりました。

移換の理由はより低コストの商品(投資信託)を扱う運営管理機関に変えるためでした。

しかし、実際に移換手続きをすると運用中の投資信託はすべて売却されて待機資金となります。その間は相場が好調でも恩恵を受けません。また手続きを開始してから移換終了まで3ヶ月の期間がかかりました。

移換手続きの面倒さや移換手続き中に投資ができない機会損失を考慮すると、運営管理機関選びは非常に大事だと痛感しました。