2022年4月より確定拠出年金の受給開始時期拡大

2022年4月より確定拠出年金(企業型・iDeCo両方)における老齢給付金の受給開始の上限年齢が70歳から75歳に引き上げられます。

この改正により受給資格のある方は60歳から75歳の間で受給開始時期を選択できるようになります。

確定拠出年金の受け取り時期や受け取り方法(一括か年金方式か併用か)により支払う税金額に違いが出てきますので「いつから」「どう」受給するのかのタイミングは重要です。

また60歳以降に下げ相場に直面してもある程度、相場が回復するまで待てる時期が5年延長されるということでもあります。

ライフスタイルによっていつから確定拠出年金を受給するのかは、相場環境や支払い税金のシュミレーションなど様々な要因が絡み合っています。

年齢上限が70歳から75歳に引き上げられたことにより一層、選択肢が増えることになります。