贈与税の基礎控除額は現在、110万円となっています。従って、子供や孫に各110万円以内で贈与を繰り返せば無税で資産を移すことが可能です。しかし、気をつけないと税務署からこの方法に対して指摘を受けることがあります。

毎年、一定額を定期的に贈与していると通年贈与と認定されることがあります。通年贈与に認定されると一括で高い贈与税が課税されてしまいます。それを避けるためにも通年贈与ではないことを証明する必要があります。

例として以下のことを意識するべきです。

・贈与の金額、時期を毎年、変えて行う。

・毎年、贈与計画書を作成する。

・基礎控除(110万円)を若干超える贈与をして贈与税を支払い記録を残す。

・預金通帳・印鑑などは贈与を受けた者がしっかり保管する。

なお、景気対策として贈与税の基礎控除を緩和し110万から引上げるべきとの意見もありますが、政府は「金持ち優遇」と批判されると判断し乗り気ではないようです。