新聞やテレビを見ると医療保険の宣伝が目立ちますが、保険加入を考える際に、一度、共済も調査の対象に加えてみてはいかがでしょうか。使いた方によっては共済はとても頼りになります。

2011年4月より都道府県共済の商品が改変されています。総合保障型の場合、従来は入院5日目からでないと入院給付金は支給されませんでしたが、4月以降は、1日目から支給されるようになりました。月の掛金に変更はありません。

総合保障型以外にも様々な商品を共済は提供しています。

例えば、都道府県共済には月1,000円の掛金で18歳まで加入可能な「こども型」という商品がありますが、小さなお子さんのいらっしゃる方なら加入を検討する価値はあると思います。

都道府県共済の他にも全労済などの共済がありますが、保険加入を考えた時には、「そういえば共済ってものがあったな。」とついでに内容を調べてみることをお勧めします。