今までNISA口座を開設する際に、金融機関が税務署に二重口座の有無を確認するなどして2,3週間の期間がかかっていましたが、2019年1月から大幅短縮されています。

各金融機関によって日数は違いますが、早いところだと申し込み当日に簡易NISA口座が開設されて、早速、取引ができるようです。

ただし、簡易NISA口座開設後にその開設が認められなかった場合は、投資した商品は一般口座に移されてしまいます。

この改正は各金融機関によって対応内容が異なるので、これからNISA口座を新規に開設しようとする方は開設予定している金融機関のNISA関連ページを確認することをお勧めします。

例えば一部、銀行などでは「つみたてNISA」はこの改正の対象外としているところもあるので注意が必要です。

広告