銀行や証券会社というと今までは短期間で金融商品を買い替えさせて(回転させて)手数料を稼いでいるというイメージがありました。しかし、最近ではそのようなイメージも変わりつつあるようです。

先日、メガバンクの三井住友銀行が個人営業のノルマを4月から廃止したと報道されていました。

大手証券会社でも今までの回転売買を改めて預かり資産の増加を目標に上げるところも出てきています。

これでメガバンクや大手証券会社の営業担当者は低コストのインデックスファンドを胸を張って販売できるようになるのではないでしょうか。

一方で地方銀行や中小証券会社はそのような個人営業のノルマ廃止に踏み切るのは難しいと言えます。

なぜなら地銀、中小証券は金融商品販売の手数料に頼らざるを得ない環境にあるからです。

ノルマ廃止で顧客重視の営業姿勢に変わるのは当然なこととして嬉しい限りです。

ただ、短中期的には金融機関の利益は減りますので当面はメガバンクや大手証券など比較的、体力のある企業しかそうした方針を取れないかもしれませんね。