「2010年」の記事一覧

地震保険は必要なのか?

損害保険

毎年、秋になると週刊誌などで「日本で巨大地震が起こる」と言った趣旨の記事をよく見かけるようになります。毎年、書いているのですから、いつかは当たるのでしょう。 地震はいつ、どこで発生するのかわかりません。ただ過去のデータや・・・

預金保護制度(ペイオフ制度)の確認

銀行

金融機関が破綻した際に「1000万円まで」保護されるということはご存知の方も多いと思います。しかし、「1000万円まで」という言い方で間違いではないのですが、厳密に言うと細かい説明が必要なのでここで預金保護制度(ペイオフ・・・

新興国投資で気をつけること

投資信託

BRICsを始めとする新興国への投資が活発になっています。最近ではブラジルへの投資が人気のようです。ただ、中国などの新興国への投資ですでに痛い目にあったことのある投資家も多いはずです。新興国へ投資をする上での注意点は何で・・・

贈与税の110万円基礎控除

相続

贈与税の基礎控除額は現在、110万円となっています。従って、子供や孫に各110万円以内で贈与を繰り返せば無税で資産を移すことが可能です。しかし、気をつけないと税務署からこの方法に対して指摘を受けることがあります。

投資信託の買換え

投資信託

最近、投資信託の保有期間が短くなりつつあるようです。その一因として外国債などで運用して毎月分配を出す新商品などが続々と誕生しており、それを銀行や証券の営業員が勧めているからだと思われます。

退職後の健康保険

年金・給付金

会社を退職した際に翌日から健康保険は使えなくなります。では、健康保険をどうすれば良いのでしょうか。対策は3つあります。任意継続被保険者になる、国民健康保険に加入する、親族の被扶養者になるの3つです。

変動金利での住宅ローン

不動産

本日8月11日も一時的に長期金利が1%を割り込みましたが、この低金利の中、住宅ローンを借りる際に変動型を選択する方が、メガバンクで8~9割になるそうです。 変動金利で住宅ローンを借りる際に確認しておくことは何でしょうか?

特定口座のみなし廃止について

証券

証券口座をお持ちの方は特定口座を開設されているケースが多いと思います。特定口座の源泉徴収口座を選択している投資家の方は、証券取引分の確定申告を証券会社が代行してくれます。 しかし、この特定口座、いつまでも存続しているもの・・・

高額療養費制度とは何?

年金・給付金

大きな病気をして入院した際に心配になるのが、医療費です。そのため医療保険に加入している方や検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、皆さん、高額療養費制度をご存知でしょうか。保険選びの前に高額療養費制度について知・・・

投資信託のコスト

投資信託

投資のプロに運用を任せたいという理由で投資信託を選ぶ方もいらっしゃると思います。確かに運用がうまくいけば儲けになりますが、気をつけなくてはならないのが、そのコストです。 通常、投資信託を購入すると3%程度の販売手数料を取・・・

ページの先頭へ